みどりの和(幼児)

平成28年度2月

23 KB
まだまだ寒い日もありますが、段々と暖かい春の陽射しが感じられるようになってきました。
子どもたちはこども会の発表を経験して、ひとまわり大きく成長したように思います。進級、卒園に向けて、残り少ない時間を大切に過ごして参りたいと思います。

★3月のねらい
うめ 小学校入学に期待を持ち、充実した生活を送る
もも 年長組への期待を持ち、意欲的に活動に取り組む
たんぽぽ 自分でできることに自信を持ち、進級を楽しみにして過ごす

★こども会
先日はこども会にご参加いただき、ありがとうございました。
年明けからクラスで少しずつ練習を始めていき、舞台での練習やリハーサルを重ね、だんだんと形になっていきました。最初は思うように台詞が言えなかったり、楽器のタイミングが合わなかったりする姿もありました。本番では、大きな声でセリフを言ったり歌えたりできた子、緊張でいつもの力がなかなか出せなかった子と様々でしたが、保護者の皆様の前で発表し、たくさんの温かい拍手をもらえたことが、何より子どもたちの自信に繋がったことと思います。発表を終えたこどもたちの姿は達成感に満ちた表情をしていました。また、友達と協力して行うことで生まれる楽しさや喜びを感じて、ひと回り成長した姿が見られました。

★鬼は外!福は内!
2月3日に節分誕生会を行いました。全園児が遊戯室に集まり、誕生児のお祝いをしたあと、各クラス製作した豆入れを紹介。  個性的で素敵な豆入れが出来上がりました。まめまきの歌をみんなで歌い、自分の製作した豆入れを持って、今年は遊戯室で豆まきをしました。「鬼はそと!福はうち!」と大きな声で、鬼が描かれた絵に向かって豆を投げる子どもたち!うめ組は自分で作った鬼のお面を被りながら豆まきを楽しみました。クラスに戻り、会食で年の数だけ豆を頂きました。

★マラソン大会
2月2日にマラソン大会が行われました。走る前に草柳先生としっかり準備運動をし、体をほぐしたところでピロティへ移動。この日は晴れて気持ちの良いマラソン日和となりましたが、ピロティは日陰だったこともあり、中には寒さに震える子もいました。しかし、各クラス年の数(年少4周、年中5周、年長6周)を走り終えると、寒さを忘れ、みんな額に汗を滲ませていました。最後まで頑張って走りきった子には賞状が手渡され、応援に来てくれていた保護者の方に嬉しそうに見せていました。毎日体育ローテーションや体操でたくさん走っている成果が見られたのではないかと思います!  
このマラソン大会では、周回を走りきることが目的ではなく、自分の力を出しきり、最後まで頑張ることが大切だと考えています。周回にこだわらず、走りきったことを存分に誉めてあげてください!

★ラックスポーツより
1年の総決算として子ども達の心に残る体育指導となるよう努めたいと思います。体育で学ぶ運動感覚や協調性、社会性はこれからの生活に必要なものばかりです。うめ組は園生活や体育指導で学んだことを小学校でもいかして欲しいと思います。たんぽぽ組やもも組は次年度に向けてさらに自信が得られるように指導していきます。


みどりの和

平成28年度 10月号

20 KB
気持ちの良い青空のもと行うことができた運動会では、心身ともに成長した子どもたちの姿をご覧いただけたかと思います。子どもたちはみんなで団結して、力を合わせる喜びや楽しさをそれぞれ味わい、また一回り成長したことでしょう。さて、季節は実りの秋となりました。肌寒い日が続きますが、薄着でたくましく丈夫な体を作りましょう!

11月のねらい
うめ 友だちと思いや考えを伝え合いながら、遊びや生活を楽しむ
もも 身近な秋の自然から季節の変化を知る
たんぽぽ 戸外で秋の自然を感じながら遊ぼう

★力を合わせた運動会
運動会では、沢山の方に応援に来ていただき、本当にありがとうございました。子どもたちは運動会に向けて、毎日一生懸命練習を積み重ねてきました。当日は大勢のお客さんを前に、張り切って頑張る子もいれば、緊張して思うように出来なかった子もいたかもしれません。運動会の中で、子どもたちが協力して頑張る姿や、競技の勝ち負けで一喜一憂する姿に感動や勇気をもらえたことと思います。うめ組のかっこいい表情や真剣に取り組む組体操、リレーなどの競技を見て、たんぽぽ組、もも組の子どもたちは、来年の運動会へ期待を膨らませていたように感じました。
今後もローテーションや体操、日々の生活の中で、運動会で経験したことを生かし、力を合わせて取り組んでいきたいと思います!

★芋掘り
21日は毎年お世話になっている石井さんの畑に芋掘りへ行きました。
朝から楽しみにしていた子どもたちは「長靴とスモック持ってきたよ!」「バスに乗って行くんだよね!」と嬉しそうな様子で話していました。今年は3クラス合同の縦割りグループで芋掘りへ。うめ組はたんぽぽ組の手を引き、「こうやって優しく掘るんだよ」と教えてあげていました。今年は豊作!大きな芋が土の奥深くに隠れていて、なかなか掘り起こせず、はじめは諦めかけていた子どもたちでしたが、次第にコツをつかみ、大きな芋を掘り当てると大喜びでした!

★芋汁作り
27日は芋掘りで掘ったさつまいもを使って芋汁作りをしました。うめ組はさつまいも、にんじん、大根を包丁で切り、もも組はこんにゃく、豆腐、玉ねぎ、たんぽぽ組はキャベツとしめじをちぎりました。各クラスで細かくした具材を、子どもたちが直接調理室まで持って行き、「お願いします!」と調理さんにお渡ししました。芋汁が出来上がるまでの間、みんなは草柳先生と体操。昼食の時間になり、芋掘りに行った縦割りグループに分かれて、おにぎりと芋汁を食べました。みんなで作った芋汁はとても美味しく大人気でおかわりが殺到!鍋を空にして全部美味しく頂きました。
芋掘りから芋汁作りと、秋を満喫した子どもたちでした!

★ラックより
秋空の下での運動会。子ども達の競技に取り組む真剣な眼差しや笑顔、保護者の方の声援や大きな拍手、とても素晴らしい雰囲気の中で行われました。運動会が成功したことで子ども達の自信に繋がり、体育への取り組み方もより一層高まることでしょう。


みどりの和 幼児

平成28年度9月号

20 KB
秋の夜、心地よい虫たちの声が聞こえてきます。夜空やお月様を見ながら、コンサート気分を味わえそうですね。周りの木々、風や雲の変化も見え始め、毎日少しずつ、本格的な秋が近づいてきているのを感じています。9月は雨の日が続きましたが、これから、踊りやクラス競技など運動会に向けた活動で、外で過ごす時間が増えていきます。青空の下、体を動かすには、とても気持ちがよい時期になりますね。

★10月のねらい
うめ→意欲的に運動遊びに取組み、自分の力を発揮する楽しさを味わう
もも→運動会に向けてクラスで協力し、達成感を感じる
たんぽぽ→秋の自然に親しみながら、友だちと遊ぶことを楽しむ
      
★楽しいおまつり!
2学期がスタート!!夏の間に、子どもたちが折り紙を作ってネームボードを飾ったり、ボーリングピンのおばけのぬりえをしたり、家建てゲームで使うダンボールやトイレットペーパーの芯に絵を描いたりしながら、当日を楽しみにしていました。
久しぶりにみんなが登園し、幼児6色の縦割りグループに分かれて、園内のゲームを巡りました。ボーリング、ストラックアウト、わなげ、家建て、魚釣り、クイズと盛り沢山。ドキドキ、ワクワク!給食やプールの時間など、今までグループごとで交流をしていましたが、いざ、ゲームが始まると、自分が楽しむことでめいっぱいだったり、縦割りの集団の中で雰囲気に呑まれ戸惑っていたりする様子も。そんな中でも、たんぽぽ組がわからないクイズをみんなで考え教えてあげたり、年下の子と手をつないで面倒を見てあげたりする姿も見られました。
魚釣りは、みんなの作った海の生き物がずらりと並び、にぎやかに!!「どれにしよう?」と迷いながらねらいを定めて「エイ!」っと、釣竿を垂らし、お目当ての魚を釣ることができると、「やったぁ。」と、とても喜んでいました。夏の魚作りや、当日の係のお手伝いなどご協力いただきありがとうございました。子どもたちもたくさんのゲームで遊び、楽しい時間を過ごすことができました。
           
★みんなであそんだよ
台風による大雨の予報が出ていた全園児遠足の日。朝曇っていたため、「今日行けるかな?」と心配している子もいましたが、お天気の回復を願いながら、早めに出発しました。うめ・もも組は、たんぽぽ組や乳児と手をつなぎ、グループにわかれて一緒に園内を散策。普段あまり接することが少ない乳児と関わり、交流が終わると、「かわいかったね。」と何度も繰り返し話し、帰りは「バイバイ」と手を振って別れました。その後は、楽しみなお昼の時間。「見てみて。」とお弁当の中身を見せ合いっこしながら、「おいしい!」と食べていました。たっぷり遊んで、蒸し暑かったのと、年下の子の面倒をみて気が張っていたこともあったせいか、帰りは少しお疲れ気味。残った力を振り絞り、頑張って歩いてみんなで園に帰ってきました。
     
★体育授業・ラックスポーツより
 2学期は心も身体も1番逞しく成長する学期です。特に運動会はみんなで力を合わせることが今まで以上に多くなります。子供達は練習をしていく中で「出来た喜び」「勝つ嬉しさや負ける悔しさ」など様々なことを経験し成長していきます。2学期も元気いっぱいチャレンジしていきたいと思います。  


みどりの和

平成28年度6月号

20 KB
梅雨の時期に入り、じめじめとした日が続きますが、子どもたちは毎日元気に体操や体育ローテーションを行い、汗を流しています!待ちに待ったプールが始まり、夏が来るのを楽しみにしています。水分補給をしっかり行い、暑さに負けないよう体力をつけていきたいと思います!

7月のねらい
うめ 夏の暑さを感じながら、健康で快適に過ごす
もも 水や泥などに触れ、夏ならではの遊びを楽しむ
たんぽぽ たくさん体を動かし、プール水遊びを楽しむ

★食育(みそ汁作り)
各クラス食育として「みそ汁」作りを行いました。
「今日は自分たちで味噌汁作るんだよ!」「早く作りたいな!」と当日を楽しみに待っていました。うめ組では包丁を使って具材を切るのに挑戦!以前に山の広場の草を使って、実際に切る練習をしました。練習の成果もあって、みんな緊張しながらも上手に具材を切ることが出来ました!もも組、たんぽぽ組では具材を手で千切りました。豆腐は柔らかくすぐに崩れてしまうので慎重に千切ろうとしていたり、野菜が苦手な子は、少しでも小さくしようと一生懸命細かくしたりと、それぞれ楽しみながら千切る子どもたちの様子が見られました。
今回の味噌汁作りでは、にぼしから出汁をとり、子どもたちも「なんで味噌汁にお魚入れるの?」と興味津々!コップに出汁を入れて飲んでみると「お魚の味がしておいしい!」と出汁の味を感じていました。昼食では、自分たちで作った味噌汁をたくさんお替りして美味しくいただきました!

★みんなで遊ぼうクラブ
5月28日にフラワーセンターにてみんなで遊ぼうクラブが行われました。芝生の広場に集合し、集合写真を撮ったあと、早速クラスごとに分かれてウォークラリー開始!
バラ園ではちょうど見頃となったたくさんの綺麗なバラがお出迎え。その中から「湘南ファンタジー」という種類のバラを探しました。温室では、迷路のように探検しながらバナナの木を探したり、花時計では「今何時かな~?」と時計の針とにらめっこしていました。子どもたちは、まるで探検家になった気分で次のお題を目指して突き進んでいました!みんな見事にお題をクリアし、各集合場所へ到着。クラスでそれぞれ集団遊びを楽しみ、みんなで遊ぼうクラブは終了となりました。たくさんのご参加ありがとうございました!

★つつみ先生と虫探し
“ちょうちょの先生”こと堤先生がいらっしゃいました。先生が持ってきた青虫をみんなで観察したり、毛虫や蜂など、園庭にも現れる危険な虫を写真つきで説明してくれました。そのあとは「虫カップを持って実際に虫を捕まえに行こう!」と山の広場へ移動。虫かごも用意し、いざ虫探しへ!堤先生に教えてもらいながら、蝶や赤ちゃんバッタ等他にもたくさんの昆虫を捕まえました。最後に虫を逃がしてあげて、みんなで「ありがとうございました!」と堤先生にお礼を言いました。
先生のおかげで、更に虫に詳しくなった子どもたちは、以前にも増して虫探しを楽しんでいます♪

★ラックスポーツより
スキャモンの発育発達曲線によると、神経系統は5歳までに大人の80%まで形成されると言われています。「神経系統の発達=器用になる」とも言われ、この時期に様々な経験をすることが大事だそうです。ラックスポーツの体育指導は子供達の適時性にあった多種多様な動き「転がる」「支える」「逆さまになる」等の経験を行う指導を展開していきます。


みどりの和(幼児)

平成28年度5月号

16 KB
過ごしやすい、さわやかな季節になりました。太陽の光を浴びて緑色の葉っぱがキラキラと輝い
ています。園庭の斜面にはたくさんの虫を見ることができ、毎日のように虫捕りを楽しむ子どもたちの姿があります。これから雨の日も少しずつ増えていきますが、室内の遊びを取り入れながら、友だちとの関わりも深めていけるよう楽しく活動していきたいと思います。

★6月のねらい
うめ 梅雨期の自然や植物の変化、生活の仕方に気付き、興味を持つ
もも 梅雨の時期ならではの自然に触れながら遊ぶ
たんぽぽ 好きな遊びを見つけ、先生や友達と関わりながら遊びを楽しむ

★楽しい遠足!!
園生活に慣れ1カ月が過ぎ、今度は園外へ出掛けてみよう!ということで、各クラス遠足に行きました。数日前から、「あと何回寝たら、遠足?」「バスに乗れるんだよね。」とドキドキしながら当日を楽しみに待っていた子どもたち。憧れの園バスに乗って出発です。バス内では、「バスごっこ」の歌、クイズや手遊びなどをしたり、窓からの景色を眺めたりして過ごしました。3日間とも、お天気に恵まれていたので、1日中、気持ちよく過ごすことが出来ました。
 <11日たんぽぽ組 東俣野公園>
公園には、不思議な形の遊び場がたくさんあり、いつもより難しい遊具にチャレンジしたり、かくれ
んぼをしたり、お花がたくさん咲いている道を歩きながら、みんなで花を摘んだりして楽しみました。
朝からお弁当の時間が待ち遠しい様子だったので、お昼の時間になると、みんなとっても喜んで食べ
ていました。
 <12日うめ組 里山公園>
公園に到着して、まずは花壇の前で写真撮影。広場には、高くて長いローラー滑り台!!その大きさに圧倒されながらも、全員が挑戦し楽しみました。雲のトランポリンでは、ジャンプすると体がふわっと浮いていくおもしろさに繰り返し遊ぶ姿が見られ、時間いっぱい遊びました。お昼はお弁当を見せ合いながら「おいしいね。」と味わって食べていました。
 <19日もも組 披露山公園>
公園で遊具の滑り台やブランコでたくさん遊んだ後、猿を見に行きました。猿の餌やりを見ていると「お弁当食べたくなっちゃった。」との声が聞こえ、思わず自分のお弁当のことを思い出す子もいました。帰りには、たくさんの動物を見ることができ、孔雀の羽根の大きさに驚いたり、「うさぎ、可愛い。」と楽しんでいました。

★おおきくなあれ
うめ組で野菜の苗を育てています。プランターに土を入れ、トマト、ピーマン、きゅうり、なすと4種類の苗を植えました。「大きくなあれ、大きくなあれ」と言いながら水やりをしたり、「葉っぱが紫になってる!」と苗の変化に気付いたり、生長を楽しみにしている子どもたちの姿が見られます。野菜の看板を作ったり、自分の好きな野菜の絵を描いたりして親しんできました。これからも、野菜に興味を持ちながら、自分たちで育てた物を収穫し食べる喜びを感じていけたらと思っています。

★お知らせ
先日は、個人面談やフラワーセンターでの遊ぼうクラブにお越し下さり、ありがとうございました。
今後も保護者の方と連携を深め、一緒に子どもたちを育て、成長に繋げていきたいと思っておりますので、引き続き宜しくお願い致します。


★体育授業・ラックスポーツより
火曜日の正課体育は年間を通して各学年共に半袖半ズボン、裸足で行います。半袖半ズボンによる体育活動は、子供たちの皮膚や粘膜を鍛え、風邪をひかない強い体の育成の第一歩となります。また、足の裏を刺激することも成長には大事なことです。




みどりの和(幼児)

平成28年3月まとめ号

27 KB
 春の柔らかいひざしを感じながら、戸外でも気持ちよく過ごせるようになってきました。いろいろな経験をした子どもたちは心身共に大きく成長しました。今、子どもたちは進級することをとても楽しみにしています。卒園の年長児は小学校へ。寂しさや不安、期待など様々な気持ちがあるのではないでしょうか。子ども園でのたくさんの思い出を胸に、新しい世界へ飛び込んで頑張ってほしいと思います。春休みが始まったり、進級に向かい子どもたちの様子も変わってくるかもしれませんが、おうちの手伝いをしたり約束を決めたりして、規則正しい生活を送るようにしましょう。 

★ぽっかぽかフラワーセンター★
お天気もよく散歩日和の暖かな日。みんなでフラワーセンターに行きました。今回はちょうど桜がきれいな季節。大船フラワーセンターでも玉縄桜が咲いている頃でお客さんもたくさん来ていました。園内には、いつもはないキッチンカーが止まっていて、思わず「おいしそう。」とクレープ屋さんに見とれている子もいました。広場から、各クラスにわかれて散歩をしそれぞれ遊びました。たんぽぽ組は、桜や梅...たくさんの花を見ながら春を感じていました。もも組は、椿の迷路ゾーンに行きいろんな道をぐるぐる回って楽しみました。うめ組は、小さな川の石をぴょんぴょん跳んで、はしゃいでいました。あっと言う間の時間で「まだ遊びたいよう。」と子どもたちの声。行き帰りは、信号を渡ったり、トンネルをくぐったり、歩道橋を越えたりして、長い道のりですが、みんな頑張って歩きました。うめ組はたんぽぽ組と手をつなぎ、もも組は男女で手をつなぎ歩いてきた道。この1年の経験で、早いペースで歩けるようになったように感じます。たくましくなった子どもたちの姿がありました。

★ありがとうお別れ会★
みんなの憧れのうめ組のお兄さんお姉さんと過ごせるのも残りわずか。今までの感謝の気持ちを伝えるため、乳児も一緒に集まり、ありがとうお別れ会をしました。この日初めてもも組が、司会をすることになり、みんなの前で始まりと終わりの言葉を言いました。お部屋で何度も練習していましたが、いざ本番となると緊張してしまう子、上手におじぎをし落ち着いて言える子と様々で、みんなから拍手をもらい嬉しそうでした。乳児から順番に歌や体操の発表があり、小さなかわいい姿に一緒に歌を口ずさんだりしながら楽しんで見ていました。

幼児の発表で、たんぽぽ組はシンデレラのスープを合奏で行いました。こども会で歌った曲の楽器に挑戦。いつも日課で行なっているリズムパターンを叩いてみたり、楽器それぞれのリズムで鳴らしてみたり、子どもたちも楽しんで取り組んでいました。もも組は、アリス劇の曲メドレーで歌って踊って楽しみました。子ども会の時のような緊張はなく、みんなのびのび発表できました。各クラスの発表後は、うめ組からの出し物です。さすが年長組!!大きな声で堂々とうらしまたろうの劇のフィナーレを披露してくれ、最後にかっこよく、みんなへのメッセージも伝えてくれました。うめ組へ卒園式で飾るお花をプレゼントしました。このお花は乳児とたんぽぽ組でスタンプやシールなどを貼って花を作り、もも組が蝶々や葉っぱを切り、みんなで心をこめて作った花です。うめ組からは、運動会で飾る旗を頂きました。1人1枚ずつ描いたもので、舞台の上で持ちみんなに広げて見せてくれました。お別れ会の後、幼児は遊戯室に集まって最後の給食を全員で食べました。1つのテーブルに年少、年中、年長組がまざって座り、いつもと違う雰囲気にドキドキした子もいたようでしたが、大好きなうめ組が近くにいてくれ嬉しそうでした。この日は調理員さんも一緒です。いつも給食を作ってくれる調理員さんに感謝の気持ちを伝え、メッセージカードを渡しました。全員そろっての最後の給食ということで、メニューは子どもたちの大好きなカレーライス!!みんなとても喜んで、たくさんおかわりしていました。
 
☆ラックスポーツより☆
 3月15日(火)に今年度最後の体育指導を行いました。各クラスとも1年間のまとめの日です。色々なことができるようになりました。うめ組は小学校に行っても今まで学んできたことをいかしてもらいたいです。たんぽぽ組やもも組は進級に向けて心と体の準備を進めてほしいです。



≪保護者の皆様、1年間 ご支援ご協力いただきまして、本当にありがとうございました≫

 


みどりの和(幼児)

平成28年3月号

 まだ寒い日もありますが、だんだんと暖かい春の陽射しが感じられるようになってきました。子どもたちはこども会の発表を経験して、ひと回り大きく成長したように思います。
「もうすぐ春だね」と言い合い春の訪れを感じながら、進級することを期待して過ごしています。

3月のねらい
うめ→小学校入学に期待を持ち、充実した園生活を送る。
もも→年長組への期待を持ち、様々な活動に意欲的に取り組む。
たんぽぽ→自分で出来ることに自信を持ち、進級を楽しみにして過ごす。

節分会
 2月3日に節分の会を行い、全園児で集まって豆まきをしました。最初に、クラスごとに製作した豆入れを司会の先生が紹介しました。どのクラスも、素敵な豆入れの箱が仕上がっていて、自分の箱に豆を入れてもらうことを楽しみにしていました。そして、みんなで「節分」の歌を歌った後は、ウッドデッキへ豆まきに行きました。なんと!そこへ待っていたのはうめ組の鬼さんたち!本物の鬼ではないとわかりほっとする子どもの姿もありました。鬼に向かって「おにはそと!ふくはうち!」と言いながらみんなで豆を投げました。大切そうに一粒ずつ投げる子や勢いよく大きな声で投げる子、「今年も良い年でありますように」とみんなで節分の会を楽しみました。うめ組は最後に鬼になったまま友達同士で豆を投げ合いました。


こども会
 2月13日の子ども会では、たくさんのおうちの方に見に来ていただき、ありがとうございました。年明けから、どのクラスも練習を頑張ってきました。たんぽぽ組は、初めて一人ひとりが楽器を持ち発表できることをとても楽しみにしていました。もも組は、毎日劇で歌う歌を子ども達が自然とくちずさんでいました。うめ組は、最後のこども会でもあり、とてもはりきっていましたね!どのクラスも練習してきた成果を舞台の上で堂々と発表していてとてもかっこよかったです。大きな声でセリフを言ったり歌ったりできた子、緊張でいつもの力がなかなか出せなかった子、様々でしたが、本番でたくさんの温かい拍手をもらえたことがなにより子どもたちの自信に繋がったことと思います。また、友達と協力して行うことで生まれる楽しさや喜びを感じて、ひと回り成長した姿が見られました。
         
保育士体験
 今回もたくさんのおうちの方に参加していただきました!
 子どもたちに大人気のお父さんお母さん先生、紙芝居を読んでいただいたり、たくさん身体を動かし遊んでいただいたり、ありがとうございました。アンケートから今回の保育士体験の感想を紹介します!
★園庭は寒いと思い、着込んできたのですが、遊びや体育ローテーションするとすぐに暑くなりました。子ども達は元気ですね。
★紙芝居を読ませて頂いた時、皆集中して静かに聞いてくれたのでこちらも嬉しく楽しませて頂きました。
★○○先生!と子どもたちの声に対応できる機械が与えられ、喜びの気持ちでいっぱいになりました。
               

ラックスポーツから
 1年の総決算として子ども達の心に残る体育指導となるよう努めたいと思います。体育で学ぶ運動感覚や協調性、社会性はこれからの生活に必要なものばかりです。うめ組は園生活や体育指導で学んだことを小学校でもいかして欲しいと思います。たんぽぽ組やもも組は次年度に向けてさらに自信が得られるように指導していきます。 


みどりの和

平成28年2月号

20 KB
今年のお正月は天候に恵まれ、暖かい日差しの中新年を迎えることができました。園庭にはたんぽぽの花やチューリップの芽が咲き、早くも春の匂いが漂っています。まだまだ寒い冬は続きますが、子どもたちと元気に3学期も保育を進めていきたいと思います!今年もどうぞ宜しくお願い致します。

★今月のねらい
うめ 遊びや行事の中で友達関係を深め、それぞれの力を発揮する
もも 自分の力を発揮し、みんなで表現する楽しさを味わう
たんぽぽ 行事や当番活動など、皆で協力して行う活動に積極的に関わる

★お正月会
冬休みが明け、全園児揃って1月6日にお正月会を行いました。
お正月会では、正月ならではの遊びとして、たんぽぽ、もも、うめ組のお友達が目隠しをして「福笑い」に挑戦!変なところに目や鼻などのパーツが貼られていくと、みんなで大笑い!!子ども達の笑い声が遊戯室に響き渡りました。楽しい楽しいお正月会は終了・・・と思いきや、会の最後にはなんと“獅子舞”が登場!驚いて泣いてしまう子もいましたが、勇敢に進んで噛まれにいく子もいました。
獅子舞に噛まれると学力向上や無病息災、健やかな成長にご利益があると言われています。今年もたくさん笑ったり泣いたりして元気に園生活を送っていきましょう!

★マラソン大会
たくさんの保護者の方々のご声援の中、1月28日にマラソン大会が行われました。
当日はとても暖かい気候となり、子どもたちも朝から「パパやママに見てもらうんだ!」「草柳先生と頑張って走るぞー!」とやる気に満ち溢れていました。みんな園庭でしっかり準備体操をして、ピロティ-へ移動。たんぽぽ組は4周、もも組は5周、うめ組は6周と各クラス年の数を走りました。
たんぽぽ組は、スタートして1周目はまだまだ元気!お友達を抜かしたり抜かされたり、お互いに競い合って頑張っていました。2週目になると段々疲れが見え始め、疲れて泣いてしまうお友達もいましたが、最後まで頑張って走りました!もも組は、スタートして転んでしまうお友達が何人かいましたが、毎日ローテーションや体操でたくさん走っている成果も見られ、昨年より長いコースを腕をしっかり振って走り切りました!うめ組は、さすが年長組という走り! 6周は約900mあり、ほぼ1キロの距離を全速力で完走。練習の時より本番の方がタイムが速く、走り終ったあとは、みんな息が上がっていました。とてもかっこよかったです!
終わった後は草柳先生から達成表をいただき、みんな大喜び!最後までよく頑張りました!!

★ラックスポーツより
明けましておめでとうございます。
今年度も残り3ヶ月。今学期は1年の総まとめです。
たんぽぽ組 身体を動かす楽しさを感じ出来た時の達成感を得られる場面が増えてきました。
もも組 少しずつ複雑な運動を取り組んでいます。これから逆上がりも挑戦していく予定です。
うめ組 卒園まで3ヶ月。さらに高いレベルで「全員ができる」を目標に取り組んでいきます。


みどりの和

平成28年1月号

 北風が吹く寒い冬がやってきました。子どもたちは寒さに負けず、毎日体育ローテーションを楽しみ、鬼ごっこや鉄棒をしてたくさん身体を動かして遊んでいます。
 今年も残りわずかとなりました。ご家庭で年末年始を楽しく過ごされることと思います。年明けに子どもたちの元気な姿が見られることを楽しみにしています。良いお年をお迎えください!

★1月のねらい
うめ→子ども会の練習を通して友達との繋がりを深める
もも→思いや考えを出し合いながら友達と一緒に存分に楽しんで遊ぶ
たんぽぽ→季節の遊びや表現遊びを積極的に楽しむ

★もちつき
 12月5日におもちつきを行いました。前日には、うめ組がもち米を洗い準備をしました。「つめた~い」と言いながらも水の冷たさに負けず、しっかりお米を洗ってくれました。たんぽぽ組は、おもちにつけるきな粉と砂糖を混ぜました。「おいしくなあれ」と思いを込めて、白いお砂糖が見えなくなるまでよく混ぜました。前日から「明日はもちつき!」とわくわくの子どもたちでした。
 おもちつき当日は、あいにくの雨でしたがピロティでかまどを準備して行うことが出来ました。お手伝いのお父さんお母さん達が力強く杵をふりおろす姿に、「がんばれ!」と応援したり、自分たちのつく番では「よいしょ!よいしょ!」と掛け声を揃えたり、とても盛り上がっていました。杵の重さにも懸命に耐え、交代で一生懸命おもちをつきました。ついたおもちは、お雑煮用におもちを丸めてお弁当箱へ入れました。昼食の時間がやってきて待ちきれない様子の子どもたち。きな粉としょう油とお雑煮のおもちを食べました。自分でついたおもちは格別においしかったようで、どのクラスもおかわりがやみませんでした。
 お手伝いに来て頂いた保護者の方、ありがとうございました!

★姿勢教育セミナー
 先日、鎌倉みどりこども園では、ストレッチトレーナーの兼子ただしさんをお招きして職員研修会を行いました。
 この研修会では、姿勢教育をテーマにお話をして頂き、実際に姿勢が良くなるストレッチを体験しました。姿勢が悪く背骨角度が適切でないと、体の調子が悪い、呼吸が浅くなる事での持久力・集中力の低下、やる気の不足、うつ病に繋がるそうです。これは将来の子どもたちの為にも是非伝えたい!と思い、早速12月のお誕生会でそのストレッチ法を子どもたちに披露し、実践しています!そのストレッチ方法は、なんと深呼吸とお辞儀をすることなのです!お辞儀なら、朝や帰りの挨拶等いつでも簡単に取り入れることが出来ます。お辞儀から正しい姿勢が身に着けば、健康的な内臓、疲れにくい身体、やる気の源に繋がっていくのです。お辞儀を通して礼儀作法と背骨を形成する力が同時に体にしみこむ素晴らしい方法です!今回の兼子先生の研修はとても楽しく面白く、なるほどそうだったのか!という発見がたくさんあり、職員一同大変勉強になりました。今後、保護者の皆様にも聞いて頂けるよう講演会等の機会を設けられたら良いと考えています。
 今回の鎌倉みどりこども園での研修内容が兼子ただし先生のブログで紹介されています。是非ご覧になって下さい!!
ドSストレッチトレーナー兼子ただし    ブログ 「S字で日本は変わる!」
12月5日鎌倉みどりこども園~姿勢教育

★ラックスポーツより
 うめ組全員が逆上がりができ、クラス全員が同じ目標を達成しました。「できない」から「できる」の過程を体験することにより頑張る気持ちが生まれ、できた時の喜びをみんなで共感することで協調性が生まれてくると言われています。よく頑張りました、おめでとうございます。

★お知らせ
 年間行事予定表の記載に間違いがありました。訂正をお願い致します。
1月11日(月)キッズ開始 ⇒  成人の日
1月12日(火)成人の日  ⇒  キッズ開始


みどりの和

平成27年12月号

18 KB
日増しに寒さが厳しくなり、子どもたちは寒さを吹き飛ばすため、元気いっぱい体を動かして遊んでいます。空気が乾燥し、感染症や風邪の流行が心配されます。体調を崩しやすい時期にもなりますので、戸外から帰ったら、うがいや手洗いをして予防をし、規則正しい生活を心がけましょう。

★12月のねらい
うめ 身近な自然や生活の変化に気付き、冬の訪れに興味、関心を持つ
もも 友だちと一緒に、思いきり全身を動かして遊ぶ楽しさを味わう
たんぽぽ 外で元気に遊び、季節の変化を味わう

★おいしい芋汁できるかな?
芋掘りに行ってから、「早く食べたいなぁ」と楽しみにしていた子どもたち。さつまいもを使って、みんなで芋汁を作りました。今年は天候などにより例年よりお芋が小さく少なかったため、芋洗いはもも組のみで行いました。土がついたお芋をゴシゴシと水洗い。「おもしろいのあった」「これ細いよ」「おばけみたい」といろんなお芋の形を見て、楽しんでいました。年長うめ組は、包丁を使って、お芋や野菜を切りました。お芋は少し硬いので他の野菜よりも力をいれながら、「猫の手にするんだよね」と言って、包丁を持ち緊張しつつも、頑張って取り組む姿が見られました。そんな年長組の様子を見せてもらった後、たんぽぽ組はキャベツを、もも組は蒟蒻と豆腐を手でちぎりました。「たくさん小さくしよう」「気持ちいい」「ぐにゃぐにゃだあ」と食材の感触を感じていました。出来上がりまでは、子どもたちは園庭で遊んで待ち、調理さんにお願いして芋汁を調理していただきました。
お昼になると、みんなお腹はぺっこぺこ。野菜が苦手な子も何度も来ておかわりに並び長蛇の列が!お鍋の中は、あっという間に空っぽです。自分で作った芋汁の美味しさは格別のようでした!!芋掘りから思い出画、芋汁作りと毎週楽しみが続き、秋ならではの行事を存分に味わっていました。

★フラワーセンターへ
 みんなで手をつなぎ全園児での遠足。乳児さんと一緒に広場を走り、元気いっぱい体を動かして
ラジオ体操を行いました。その後、各クラス園内に咲いている植物を見て回りました。たんぽぽ組は、うさぎ組と一緒に手を繋ぎ落ち葉を拾ったり、ふわっと投げてみたり、チョークのあるお絵描きコーナーで遊びました。もも・うめ組は椿ゾーンへ。たくさんの木々に囲まれていて、落ちている葉っぱや花を拾ったり、「どこどこ?」と迷路のような道をぐるぐる進んで遊んでいました。
お昼は幼児一緒に仲良く!お友だちとの会話も弾み、お母さんが作ってくれたお弁当を喜んで食べていました。めいっぱい遊んで、さすがにクタクタでしたが、「また行きたいね」と話しながら、帰ってきました。
<遊んでくれて、ありがとう!!>
11月はたくさんの方と触れ合いました。ありがとう会・先生体験のお母さん、お父さん。職業体験の中学生のお兄さん、お姉さん。実習生の先生・・・。おうちの方と子どもたちとで、パズル作りやゲームなど夢中になって遊んでいただいたありがとう会。朝から「今日は○○ちゃんのお母さん先生だぁ!」と喜び、一日楽しく過ごした先生体験。べったり甘えてみたり、走り回ってあそんだり、紙芝居をよんでもらったり、一緒にご飯を食べたり、子どもたちとたくさん接していただき、また保育のお手伝いをしていただきまして、ありがとうございました。たくさんの方々と関わる中で、子どもたちのいつもとはまた少し違った表情を見る事ができました。

★先生体験ご感想
・パワフルに動きまわって遊んでいる子どもたちをみて、たくさんのパワーをもらえました。
・子どもたちと同じ目線から体験ができ、今までとは違う貴重な経験でした。
・子どもたちの素顔が垣間見れておもしろかったです。

★ラックスポーツより
寒さも日を追うごとに増してきました。子ども達は寒さに負けず体育や外遊びなど元気一杯に取り組んでいます。正課体育指導は年間を通して半袖半ズボンです。皮膚や粘膜を鍛え風邪をひきにくい強い体の育成の第一歩として考えています。無理のない範囲で薄着の習慣をご家庭でも取り入れて頂きたいと思います。